東京都ロボット産業活性化事業 公募型共同研究開発事業 テーマ決定


プレスリリース
カテゴリー【その他】
2015/10/20 16:02


地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、ロボット産業活性化事業において、ロボットシステムの開発やロボット導入による新しいサービスを開発する「公募型共同研究開発事業」を実施することとし、事業テーマの募集と選定を進めてきました。
今回の募集では、36テーマの申請があり、その中から8テーマを採択しました。採択されたテーマについては、都産技研が開発経費を負担するほか、都産技研と共同研究を実施し、ロボットの実用化・事業化に向けた開発を支援していきます。
配布担当 東京都立産業技術研究センター経営企画部広報室 TEL 03-5530-2521
http://www.iri-tokyo.jp/
東京都ロボット産業活性化事業
公募型共同研究開発事業 テーマ決定
【お問い合わせ】 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
ロボット事業推進部ロボット企画グループ 竹内由美子 TEL 03-5530-2558 FAX 03-5530-2458
経営企画部広報室 山口美佐子 TEL 03-5530-2521 FAX 03-5530-2536

■ 採択した事業テーマ
短期展開型(事業期間1年:平成27年10月~平成28年9月)
平成27年10月15日

介護支援
自動停止機能を有する
電動車椅子の開発
WHILL株式会社
〈 神奈川県横浜市 〉

共通
T型ロボットベースの高機能化
株式会社システムクラフト
〈 東京都立川市 〉

新市場創出型(事業期間3年:平成27年10月~平成30年9月)
観光案内をサポートする
コンシェルジュロボットの開発
SOCIAL ROBOTICS株式会社
〈 東京都立川市 〉

嚥下食盛付け協働型
ロボットアーム開発
株式会社TNGM
〈 三重県四日市市 〉

電動アシスト人力車の開発と事業化
株式会社府中技研
〈 東京都府中市 〉

モジュラー型オールインワン
調査点検ロボットシステム
サンリツオートメイション株式会社
〈 東京都町田市 〉

地域サポート介護支援
見守りロボットサービス
株式会社ブイ・アール・テクノセンター
〈 岐阜県各務原市 〉

日常生活支援ロボットアームの開発
テクノツール株式会社
〈 神奈川県川崎市 〉

(参考)
■ 公募型共同研究開発事業の概要
本事業は、都産技研が提示した、「案内支援」、「産業支援」、「点検支援」、「介護支援」の
4分野、およびこれらの分野に共通して必要な開発を対象として、「ロボットの導入・製造・開発
などの技術を有する企業」と「ロボット活用サービスの利用者(ユーザー)」が協働して、ロボット
を活用した事業の創出を実現する(事業化)取り組みを支援します。そのため、都産技研として
初めての公募型共同研究開発事業を開始し、事業テーマを募集しました。
採択した事業テーマについて、都産技研と企業が分担しながら共同研究開発に取り組み、
新たなサービス/ビジネスを創出することにより、中小企業がロボット産業へ参入することを
目的としています。

応募対象者
(1)日本国内に登記簿上の事業所を有し、単独ないし複数(※共同体)で研究開発を
希望する、日本国内に開発拠点を構える中小企業
※共同体:中小企業者、大企業、大学、公設試験研究機関等
(2)ロボットを利用した新しいサービスの提供を行う企業

開発期間
①短期展開型 1年間(平成27年10月から平成28年9月)
②新市場創出型 3年間(平成27年10月から平成30年9月)

開発費用(都産技研より採択企業へ委託)
①短期展開型 1テーマにつき上限1,000万円(消費税を含む)
②新市場創出型 1テーマにつき上限3,000万円(消費税を含む)

開発対象経費
当該研究開発に必要な費用のうち、この研究開発に専用として使用するもの
機械装置費、研究開発員費、旅費、外注費、知的財産権に係る経費 ほか



Comment_u