企業情報
種別
シードアクセラレーター 第1世代
代表・理事長
熊谷 伸栄
特徴

Wildcard Programは、日本のスタートアップ/起業家の<北米+海外発ローンチ>を事業プラン作りから現地でのファンディング、営業まで<※完全 1-o…


米シリコンバレーWildcard Program 新パートナー就任のお知らせ


プレスリリース
カテゴリー【人事】
2016/06/01 11:32


米国サンフランシスコを拠点に日本の起業家やスタートアップ、中小企業の北米事業ローンチを本格的に支援するWildcard Programは、2016年6月1付けで、チャールズ・ベル氏(Charles Belle)が新たにパートナーに就任したことをお知らせいたします。

ベル氏はシカゴ生まれ。シカゴ大学を卒業後、米シリコンバレーでシリアルアントレプレナー及び弁護士として第一線で活躍中です。Eコマース系アプリ開発スタートアップのファウンダーであり、全米小売業界やシリコンバレーのテック業界と太いパイプを築いています。また、弁護士でもある同氏は、シリコンバレーの大企業や著名VCに加えて首都ワシントンをはじめとする全米の政界や法曹界と太いパイプを持つ稀有な存在であり、各方面でスピーカーやパネラーとして登壇しています。2016年5月現在、同氏が創業したStartup Policy Labを通じて、米国の起業エコシステムが注視をする各種法案や政策の実現へ向けた提言活動も精力的に行っています。

Wildcard Programは、創業パートナーと共にベル氏が新たに参画をすることで、同氏の実業家としての知見や経験を本プログラムのさらなる内容充実に生かすと共に、北米現地の大手VCやエンジェル、事業会社をはじめ、全米各界の有識者とのさらなる関係強化・充実を促進させ、日本の起業家やスタートアップにとって本プログラムがさらに実効性が高い、価値あるものになるように、これからもいっそう努力して参ります。

【新パートナーについて】
Startup Policy Lab創業者。SF FASHTECH共同創業者。またCity & County of San Francisco’s Committee on Information Technology有識者メンバー。
従来のファッション業界とテック業界という、旧来は全く異なる二つの業界に焦点をあて、”FASHTECH”という新たな概念の普及・発展(昨今流行の『Wearable Technology』も広義でそのうちの一つとされる)に大きく貢献した人物のうちの一人。Eコマースからウェアラブルその他、シリコンバレーで注目されるスタートアップにフォーカスをした『STUDIO64』の企画をはじめ、シリコンバレーのスタートアップへの関与を通じてWilson Sonsini、Orrick、クライナー・パーキンズ等、大手法律事務所やベンチャーキャピタルとも幅広いパイプを持つ。
同氏はまた、Government Procurement Reform Study at Code for Americaの首席リサーチャーであり、主に法律、テクノロジー、政治の各側面からアーリーステージのスタートアップ企業の立場にたった研究を手掛けている。具体的な研究テーマは、クラウドファンディング規制やProcurement Reform等。さらには、Startup Policy Labのファウンダーとして、昨今のアメリカ政府によるスタートアップコミュニティーに影響を及ぼす各種政策ポリシーに関する論文やディスカッションを精力的に手掛ける。SPL以前は画像管理系のスタートアップLookaroo社等を共同創業。2016年5月末現在、新たなスタートアップを準備中。
                 
シカゴ大学よりAB(政治経済学)AM(国際関係学)、University of California Hastings, College of LawよりJD(主に知財等を専攻)。現在、スタンフォード大学Center for Internet & Society (CIS)フェロー 、同カリフォルニア大学バークレー校Center for Technology, Society, and Policy (CTSP) フェロー。カリフォルニア州弁護士。

【Wildcard Programについて】
Wildcard Programは、2013年1月より開始し、日本の起業家及び起業家予備軍(学生・社会人)に対して、主に北米を中心とする日本国外での本格的な事業開始、進出拡大を包括的に北米現地で支援する全く新しいプログラムです。事業プランを徹底的に練り直し、北米の投資家や事業会社からのインキュベーション投資やビジネスを促進し、現地での初期的な営業マーケティングの完全サポートも行います。一方、日本国内で北米海外を目指す起業家やスタートアップ向けに各種セミナーも企画開催しています。(URL: http://www.wildcardprogram.com/

【KOEI COMPANY Inc.について】
代表者 :Nobu Kumagai
所在地 :米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
サービス内容:米国での新事業の企画運営、インキュベーション、戦略コンサルティング、市場調査、その他 (URL: http://www.koei-company.com/)

<代表者経歴>
1996年から2007年まで、国内証券会社並びに欧米外資系投資銀行(ニューヨーク、香港含む)にて10年間、M&AやIPO等、大型コーポレートファイナンス案件のディールソーシングからエグゼキューションまで、各主幹事案件の川上から川下までに至る実務を経験。2007年より2010年まで、日系大手VCにて、NTTドコモとのグローバル・テクノロジーJVファンドを担当し、主に北米シリコンバレー並びに日本国内のテック系VC投資に従事、うち複数の北米投資先にて社外取締役やオブザーバーとして経営加担。2003年から2004年には日本のサービス系スタートアップの準創業メンバーとして経営参画。
2012年11月、米国シリコンバレー/サンフランシスコ市にKOEI COMPANY, INC.を設立し、北米発の新事業の企画に取り組む。一方、北米発の日本人特化型インキュベーター(起業家支援)Wildcard Programを共同創業し、米大手インキュベーターのRunwayやStartup Policy Lab代表等の協力を得ながら現在事業を拡大中。また、日本企業及び欧米外資系企業向け事業コンサルティング、M&Aアドバイザリーを手掛けるJapan Inc. Holdings(東京都港区、代表取締役 テリー・ロイド)のマネージングディレクター兼北米代表。その他2016年5月末現在、日本国内でインバウンド・トラベル分野のメディア+総合旅行サービス会社であるジャパントラベル株式会社の準創業兼事業開発本部長。
慶應義塾大学経済学部卒、米Cornell大学MBA。英明大学("Eimei Institute"、米国カリフォルニア州)経営学准教授。

【本件に関するお問い合わせ先】
KOEI COMPANY, Inc.ー
担当 :熊谷 伸栄
Tel: (日本)03-4588-2674 (米国)1-650-862-8489
E-mail: info@koei-company.com


シリコンバレー、ベンチャー、起業、アメリカ、インキュベーター、経営、ベンチャーキャピタル

Comment_u