企業情報
種別
シードアクセラレーター 第1世代
代表・理事長
熊谷 伸栄
特徴

Wildcard Programは、日本のスタートアップ/起業家の<北米+海外発ローンチ>を事業プラン作りから現地でのファンディング、営業まで<※完全 1-o…

この企業のプレスリリース

<★特別編〜著名起業家CEOが直接教える!>外国人の♡を掴むインバウンド・ビジネス成功のカギ ~開催決定のお知らせ


お知らせ
カテゴリー【イベント・セミナー】
2016/03/14 07:00


【ご注意】チケットは以下のサイトご購入下さい:

※チケットご購入URL: http://upclose201604.peatix.com/ 

- 米国シリコンバレーの著名人(シリアルアントレプレナー/大手VCや有識者等)が日本に来日をするのを機会に、日本の起業家やスタートアップの皆様等との“ガチ”なトーク・セッションを開催する米KOEI COMPANY Inc. / 米Wildcard Program主催【Up Close】シリーズ。昨年はお陰様で5月と9月の2度にわたり、東京で開催をさせて頂くことが出来ましたが、2016年もいよいよ新たに第3弾を開催することと致しました。

"ただし"、今回は、例外的な取り組みとなります・・・ここ1、2年に東京五輪や法律改正の流れだけでなく、日本経済にとって数少ないラストリゾートともいえる、日本で大いに盛り上がる訪日外国人旅行客をターゲットとするいわゆる「インバウンドビジネス」の本質<★そもそも我々日本人ではない異文化の外国人の方々を対象とするビジネスに必要なもの>に迫る内容とさせて頂くことに致しました。例外とは、通常は北米シリコンバレーから日頃会えない著名起業家やVCを日本にお招きしてスモールミーティング形式を提供するコンセプトですが、今回のゲストスピーカーは、日本在住30年以上の在日外国人著名起業家の一人によるスピーカーをお招きすることと致しました。実は、米シリコンバレーで起業や事業開発を本格的に始めようとする場合、洋の東西を問わず、「外国人にサービスを提供しよう」とする点で、ここ日本でインバウンドビジネスをすることと本質的な共通項が沢山あるのです。

【当日の主なアジェンダ(※予定~今後一部変更の可能性があります)】

0.米シリコンバレーWildcard Programのご紹介
1.テリー・ロイド氏の略歴ご紹介
2.ディスカッション・トピック <※一部変更の可能性がございます>
★ そもそも「日本人ではない外国人」をターゲットにするビジネスとは? ~★米国シリコンバレーでの起業や海外における新規事業開発でもポイントは一緒!
★ 日本のインバウンドビジネスの大半が陥る「罠」とは?!?
★ 「クール・ジャパン」は所詮〝押しつけがましい「サムい・ジャパン」” ・・・
★ こんなビジネス・プランが外国人にハマる! 〜CEOがヒントをずばり教えるビジネス・アイディア 
~ケース・スタディ<地方自治体とのインバウンド・ビジネスのコラボ> (✴︎その他、検討中)
★ 日本人が外国人向けにビジネス・サービスを提供する上で最も大切なこと ~★シリコンバレーや海外でもそのまま応用できます!
★ これから日本でインバウンド分野でビジネスを本格的に立ち上げたい方や事業会社への貴重なアドバイス
★ その他

<注:  当日は、モデレーターによる逐次通訳を予定しております>

3.Q&Aセッション
4.名刺交換/交流会

【ご参考】 ~ 本セッションの想定参加者(※ただし、これらに限定されません。どなたでもご興味のある方大歓迎致します!):
● 日本でインバウンド分野<民泊、ホスピタリティ、メディア、トラベル、サービス、その他>で事業をされる方々<起業家・スタートアップ/事業会社の担当者、地方自治体の担当者、等>あるいはこれからされようとする方々
● 地方創生イニシアチブの一環として外国人を効果的に取り込んで行きたいと燃える自治体等のご担当者
● 北米シリコンバレーや欧米海外で起業をされる方(海外市場でビジネスをされようとする方)、あるいは大手企業の担当者
● インバウンドに限らず、起業や新規事業をお考えの方々

【概要】

日時: 4月12日(火)19時 - 21時
会場: <渋谷シェアオフィスConnecting The Dots>: 東京都渋谷区神南1-20-7 川原ビル6階イベントスペース
参加費: 2,000円
定員: 先着30名(予定)
主催:米KOEI COMPANY, Inc./米Wildcard Program

<ゲスト・スピーカー略歴>

Terrie Lloyd氏は、オーストラリアとニュージーランドの二重国籍を持つシリアルアントレプレナーで、日本在住32年。主にシステムエンジニアリング、ソフトウェア開発、英字メディアの分野を中心とする実業家/シリアルアントレプレナーであり、特に外国人起業家という立ち位置を活かした斬新かつユニークなサービスを次々に立ち上げてきている。

2016年現在、20社の会社を設立し、そのうち8社を成功裏に事業を大きく成功させ、売却に成功。主な案件は、1995年にリンクコンピューター社と香港ベースのテックマン社を米国のEDS社への売却。2004年にダイジョブソフトウェアを日興プリンシパル社への売却、2005年にDaiJob社のヒューマンホールディングス社への売却、2013年にバイオス株式会社のTMJ社への売却、等。特にDaiJob.com社は、日本発の外資系企業への中途採用に特化した仕事情報ポータルサイトとしてウェブサイト立ち上げ、後24ヶ月で16万人が登録するバイリンガルサイトとして注目を浴び、現在のHR業界で主流となっているネットを駆使した人材ビジネスの先駆けとなる。こうして時代を常に先読みしながら会社の設立・売却を行い、業績を伸ばしてきており、日本にいながら外国人ならではの着眼点で日本の経済界に影響を及ぼす人物の一人。

2011年5月、未曽有の大震災を経て、日本を再び元気にするというミッションを掲げて訪日旅行客インバウンドビジネスのJapanTourist.jpを創業。のちに2013年11月にJapanTravel.comを設立。2016年現在、日本でのNo.1 インバウンド・ポータルとして「外人目線」を軸に今急成長中。 2012年‐2013年には政府・国交省による訪日旅行客拡大に関する検討委員会の有識者メンバーに抜擢。

その他、米国中西部オハイオ州政府の日本事務所代表等を歴任し、主に日本からオハイオ州への対外直接投資の誘致、在オハイオ州企業の日本での事業支援等を支援。北米シリコンバレーとも強いパイプを持つ人物の一人。

<モデレーター>

熊谷伸栄
米KOEI COMPANY, Inc. (米国シリコンバレー/サンフランシスコ市)Founder & CEO  /  米Wildcard Program 共同創業パートナー / 米・英明大学("Eimei Institute")経営学教授 / ジャパン・トラベル株式会社("JapanTravel.com") 準創業兼事業開発本部長

1996年から2007年まで、国内証券会社並びに欧米外資系投資銀行(ニューヨーク、香港含む)にて10年間、M&AやIPO等、大型コーポレートファイナンス案件のディールソーシングからエグゼキューションまで、各案件の川上から川下までに至る実務を経験。2007年より2010年まで、日系大手VCにて、NTTドコモとのグローバル・テクノロジーJVファンドを担当し、主に北米シリコンバレー並びに日本国内のテック系VC投資に従事、うち複数の北米投資先企業にて社外取締役やオブザーバーとして主に日本事業に経営加担。2003年から2004年には日本のサービス系スタートアップの準創業メンバーとして経営参画。

2012年11月、米国シリコンバレー/サンフランシスコ市にKOEI COMPANY, INC.を設立し、北米発の新事業の企画に取り組む。北米発の日本人特化型インキュベータ(起業家支援)Wildcard Programを共同創業し、米インキュベータ大手のRunwayやStartup Policy Lab等の協力を得ながら現在事業拡大中。一方、日本の大手企業及び欧米外資系企業向け事業コンサルティング/M&Aアドバイザリーのプラクティスを設立し(主にアウトバウンド)、現在に至る。その他2016年現在、日本国内でインバウンド・トラベル分野のメディア+総合旅行サービス会社であるジャパントラベル株式会社の準創業兼事業開発本部長。

慶應義塾大学経済学部卒、米Cornell大学MBA。


ベンチャー、起業、インバウンド、シリコンバレー、セミナー、外国、海外、

Comment_u