企業情報
種別
法律事務所
代表・理事長
特徴

弁護士法人苗村法律事務所・東京オフィスは、代表にInternational Law FirmであるWhite & Caseより佐藤有紀を迎え2013年…

この企業のプレスリリース

いまこそ BRICs セミナー


お知らせ
カテゴリー【イベント・セミナー】
2015/11/05 21:34


世界が一つの経済圏ともいえる中、成長戦略の重要な要素として海外の既存の企業への積極投資が重要な経営戦略の一つと考えられており、円安にもかかわらず、日本企業は海外でのM&Aを積極的に進めています。当職らも、国内及びアウトバウンドのM&Aに多く携わっております。

BRICsの中には、経済成長を続ける国も、少し下降気味の国もありますが、グローバル経済の中の拠点としての重要な意味を持つ国々であることには変わりません。しかしながら、各国とも、日本においてはあまり法制度が知られておらず、投資の意義を失わせてしまいかねません。そこで、今回は各国から M&Aに詳しい弁護士にお越し頂き、 その国でM&Aを行う時に注意すべき点をお話し頂くことと致しました。また、日本側から見た国際的M&Aの注意点も網羅的にお話するなど、実践的なものとできたらと思っております。

当セミナーの概要は以下のとおりです。是非ご参加下さい。

なお、原則として、全体へご参加いただくことを想定しておりますが、お時間の関係等から特定の国の部分のみご参加希望といったご事情がございましたら、個別にご相談いただければと思います。

【 日 時 】
大阪 12 月 1 日(火) 10 時 00 分 から 17 時 00 分(受付:9 時 30 分より)
東京 12 月 3 日(木) 10 時 00 分 から 17 時 00 分(受付:9 時 30 分より)
セミナー終了後、セミナー会場での懇親会を予定しております。

【 会 場 】
大阪会場:大阪大学中之島センター7階 講義室703
東京会場:フクラシア東京ステーション6階 会議室C

【 講 師 】
ブラジル:弁護士 岡 リカルド 高弘 TANAKA、OKA E IZA 事務所 パートナー

Pontifícia Universidade Católica de São Paulo 卒業 会社法等のビジネス・ロー、M&A、労働法、独占禁止法、規制関連(ANVISA 対応を含む)、 知的財産権について、アドバイスを提供している。特に、自動車、化学、食品業界等の多国籍 企業からの対ブラジル直接投資のストラクチャリングを専門とする。

ロ シ ア:弁護士 マキシム・アレクセーエフ ALRUD 法律事務所 共同創業者・シニアパートナー

ロシア外務省付属モスクワ国立国際関係大学卒業 専門分野は税法、M&A、会社法・投資等であり、ロシア内外でのロシア及び国外顧客のプロ ジェクトを担当。著書も多数あり、Best Lawyer 紙 2015 年版では会社法とM&Aの分野に おいて紹介され、Russia’s Best Lawyer 紙 2013 年版ではM&A分野での最優秀弁護士 の 1 人として紹介されている。

イ ン ド:外国法事務弁護士 イムラン・カーン コーチャル・アンド・コ外国法事務弁護士事務所(東京)常駐

合弁、M&A、完全子会社設立に関する外国投資、法規制コンプライアンスを得意分野とする。株式譲渡契約書、合弁契約 書、フランチャイズ契約等の外国直接投資全般に関するアドバイスを多岐に渡る産業・業種のク ライアントに行い、数多くのインド企業のデューデリジェンスにも関わってきた。また、反競争的協定、 支配的地位の濫用、企業結合規制等の競争法に関するアドバイスも行っている。

中 国:弁護士 ベッキー・コブリッツ(名尾 安恵) シェパード・マリン上海事務所企業法務グループ弁護士

スタンフォード大学、アメリカン大学ロースクール卒業 米国司法省反トラスト局、ドイツ・ベルリンの法人専門法律事務所勤務の経歴を持つ。過去 10 年間は北京で独占禁止法コンプライアンス、M&Aを含む会社法を取り扱っている。

【司 会・逐次通訳】
弁護士・ニューヨーク州弁護士 苗村 博子(オープニングも担当) 虎門中央法律事務所 大阪事務所 所長

1983 年大阪大学卒、1996 年シカゴ大学ロースクール LLM 終了 1998 年に米国でリニエンシーを申請した事件を担当、その後も国際カルテルへの対応案件を担当 し、2012 年 2 月ヴァンクーヴァー国際カルテルワークショップではスピーカーとして日本での対応の 問題点を指摘。

弁護士・ニューヨーク州弁護士 佐藤 有紀

一橋大学法学部・南カリフォルニア大学ロースクール(LL.M.)卒業。外資系渉外法律事務所 等を経て 2013 年 10 月より弁護士法人苗村法律事務所(現弁護士法人虎門中央法律事務 所)東京事務所。多数の M&A、国際取引等に携わり、国際カルテル対応に関してもアドバイスを 提供している。

弁護士 貞 嘉徳

2003 年同志社大学卒業、 2006 年弁護士登録、2011 年よりオランダのライデン大学にてEU 法及び国際ビジネス法を専攻し (2012 年 LL.M.取得)、その後 Hengeler Mueller 法律事務 所ブリュッセルオフィスにて EU 独禁法実務に携わる。2013 年 7 月 苗村法律事務所(現虎門中 央法律事務所大阪事務所)に復帰。


【 定 員 】 大阪・東京会場共に 60 名様

【 言 語 】 英語/日本語 (英語は逐次通訳対応)

【 参 加 費 】 無料

セミナースケジュール(各会場共通)

9:30~
受付

10:00-10:30
国際的 M&A の注意点

10:30-11:45
ブラジル

11:45-12:45
昼休憩

12:45-14:00
ロシア

14:10-15:25
インド

15:35-16:50
中国

16:50-17:00
まとめ

17:00-18:00
懇親会



Comment_u