日本における優先株式の利用実態調査

無料
2016/04/13 12:00

本レポートは、日本の未上場ベンチャー投資において活用が進みつつある優先株式について、利用の現状を調査することにより、起業家、投資家、支援者の指針として役立ててもらうことを目的としている。

レポートでは、優先株式の権利内容・メリット、利用現状について整理を行うとともに、
ジャパンベンチャーリサーチが調査対象とする未公開ベンチャー企業について、優先株式の利用状況について調査、集計を行った。

目次

1. 本レポートの目的
2. 優先株式とは
3. 優先株式の内容とメリット
3-1. 剰余金の配当
3-2. 残余財産の分配
3-3. 議決権
3-4. 株式の譲渡制限
3-5. 取得請求権
3-5-a. 普通株式を対価とする取得請求権
3-5-b. 金銭を対価とする取得請求権
3-6. 取得条項
3-7. 全部取得条項
3-8. 拒否権条項
3-9. 取締役の選任権
4. 優先株式利用の調査結果
4-1. 時価総額50億円以上の未上場ベンチャー企業33社の優先株式利用状況
4-2. 優先株式を利用している未上場ベンチャー企業30社の状況
4.3 大手VC3社の投資先未上場企業30社の優先株式利用状況
5. 考察
6. 参考資料
6-1. JVR業種
6-2. 図6の詳細データ、凡例の説明
6-3. 図8の詳細データ、凡例の説明


Comment_u