P-137862最終更新日2014/01/10 17:16
Default_person

橋本 琢磨

ハシモト タクマ

タグの登録がありません

プロフィール
生年月日
1963/08/10
学歴

略歴

米国大学を中退後、日本IBMに入社し、国内初となるパーソナルコンピュータHD開発に携わるなど、製品開発を担当。
その後、生産管理部門配属。生産効率向上に伴う改善プロジェクトに抜擢され、
改善提案を3,000件以上実施し5年連続で表彰される。
功績が評価され、1995年東芝との合弁会社の立ち上げに参画し転籍。
液晶パネル製造の自動化生産部門マネージャーとしてベンダーコントロールや、
生産性向上のプロジェクトを推進、当時日本最大の生産量を誇る製造工程物流に協力会社と協業しGAを取り入れ、
搬送律速を飛躍的に改善し事業部門より表彰される。
2001年技術提携先の台湾奇美集團に技術アドバイザーとして同社立ち上げに寄与。
同年独立しシステムコンサルティング会社として経営に従事、主にシステム再構築に携わる。
2003年本格的に台湾技術者支援を開始。
その後中小企業の技術継承と国内産業の衰退に歯止めをかけるべく、BPMコンサルティングに業務形態をシフトするが、
父親が他界し母親の生活支援(身の回りの世話)のために已むなく事業拡張を断念。
母親の面倒を見ながら同様の境遇の家庭が非常に多いことを痛感。
2012年10月にシニア層生活支援サービスを実施する一般社団法人を設立し
大阪府豊中市の千里ニュータウンで3万人の高齢者をターゲットに地域に密着した生活支援活動を開始。
試行錯誤の末、ソーシャルコミニティービジネスモデルを確立。
衰退しつつある地域商店主や個人事業主を対象にボランタリーチェーンに賛助会員として加わって頂き替わりに、
高齢者生活支援活動実地現場でCRMなどのマネージメント手法を提供。
商店主や個人事業主が地域に貢献でき、かつ本業で業績を回復出来るきっかけ作りを進めている。
尚、収益性が見込めるため、社団法人の管理会社(豊裕メイト株式会社)を設立現在に至る。

自己PR

Type_companyベンチャー役職
ピックアップ
データ提供サービス


accessAccess
-
followFollow
Comment
関連企業
    Comment_u