P-105039最終更新日2013/09/02 12:41
Default_person

三浦 幸太郎

ミウラ コウタロウ

タグの登録がありません

プロフィール
生年月日
1978/09/12
学歴

略歴

山形県山形市出身。父は教会牧師。
1995年、16歳で単身渡米するも無一文になり、一時ホームレス状態となる。 帰国後、独学でプログラミングを始める。
1997年、都内のソフトハウスに入社、ソフトウェア開発の基礎を学ぶ。 同時に個人で教育用のデータベース・ソフトウェア、「SE-DBMS」 を開発し、無償公開を行う。
1998年、インターネットを通じて、独自の教育論、「自己教育論」を公開する。
1999年、渡米。ミッドウェスタン州立大学にて英語とコンピュータ・サイエンスを学ぶ。その後テキサス州1100kmを自転車で横断。
2000年、帰国後、都内のeラーニングシステム開発会社、株式会社デジタル・ナレッジに入社。 主に大学、企業向けeラーニングシステムの開発やパッケージソフトウェアの企画・設計・開発を行う。
2001年、アフリカ(ケニア・ガンビア)でのボランティア活動に参加。
2002年、帰国後、東京都杉並区で、「合資会社エデュケーション・アンド・テクノロジー」を設立。
2003年、東京ビックサイトで e-Learning WORLD に出展。 独自に開発した携帯電話用 eラーニングアプリケーション、「EAT Notebook」、「EAT Hotline」、「EAT LHMS」を発表する。
2004年、事務所を渋谷区へ移転。「有限会社エデュケーション・アンド・テクノロジー」を設立。代表取締役に就任。 学校・企業向けの教育システムの企画、設計、開発や、日本初のインターネット大学の開発プロジェクトに参加。
2006年、有限会社エデュケーション・アンド・テクノロジーの業務を清算。同年、ソフトウェア設計・開発事務所、「アトリエいろは」を設立。同時にデザインやアートについても学び始める。
2008年、再び渡米。カリフォルニアのソフトウェア会社、「XLsoft Corporation」にてローカライズ業務を行いながら、RIA や様々なソフトウェア・アーキテクチャを研究。
2009年、渡仏。フランス、パリを拠点に Web サイトの構築を行いながら、感性を磨くためヨーロッパ各地を旅する。また学習者向けの独自のソフトウェア、「iroha Note」 の開発などを行う。
2010年、フランスより帰国。都内で活動を再開。「iroha Note」を公開、多くの雑誌や Web サイトで紹介される。

自己PR

Type_companyベンチャー役職
ピックアップ
有料サービス


accessAccess
-
followFollow
Comment
関連企業
    Comment_u