建設業界からイノベーションを起こす「第2回高砂熱学工業アクセラレータ“just move on!“」の開始


カテゴリー:インキュベーションプログラム
2018/09/10

スケジュール

提案応募開始:2018年9月1日(土)
第1回プログラム説明会:2018年9月25日(火)
第2回プログラム説明会:2018年10月11日(木)
募集締切り:2018年10月31日(水)
書類選考:2018年11月上旬
面談選考:2018年11月19日(月) ~ 11月21日(水)
プレゼン選考会:2018年12月18日(火)
事業化プロジェクト開始(予定):2019年4月頃


高砂熱学工業株式会社は、9月1日から第2回高砂熱学工業アクセラレータ“just move on!“を開始しました。本プログラムは、当社のオープンイノベーションの取り組みであり、スタートアップのアイデア・技術・実行力と当社のリソースとを掛け合わせることで、革新的な事業を創造し、成長させ、社会に定着させることを目指します。本プログラムは2017年に引き続き2回目の開催であり、2017年はLiLz株式会社とグリーンコンチネンタル株式会社を採択し、事業化への取り組みを進めています。実績として、2社に対して開発資金を提供するとともに、フィールド試験サポート、技術面の知見・社内ネットワークの提供を行っています。

国土交通省のi-Constructionの取り組みでも示されているように、建設業界には将来的な労働力不足という課題が存在します。空調設備工事業に従事する当社として、この課題に真剣に向き合い、課題を解決するようなイノベーションを生み出していきます。同時に、環境ソリューションプロフェッショナルを目指す当社として、心地よい室内環境を提供するサービスを生み出すことも募集テーマの1つとします。
9月1日からの募集後、2回にわたる説明会開催(9月25日、10月11日予定)、書類選考および面談選考で選抜し、プレゼン選考会(12月18日予定)を経て、最終のビジネスアイデアについての面談の末、選抜されたスタートアップは2019年4月以降に予定されている事業化プロジェクトに参加いただく計画としています。
当社として特に有望と判断したビジネスアイデアに対しては事業化プロジェクトの終了後に出資も視野に入れ、本格的な新事業の立ち上げに向けた取り組みを開始し、これまでの空調設備工事業の枠を超えた新たな価値づくりを実現したいと考えています。

【第2回高砂熱学アクセラレータ“just move on!“の募集領域】
下記テーマで新しい事業・新しいサービスを生み出す方を募集します。AI・AR/VR・IoT・ドローン・ロボット・ブロックチェーン・ブレインテック・ヘルステック等の技術を活用したアイデアをはじめとして、幅広いアイデアを歓迎いたします。
■募集領域
1.心地よい室内環境をつくるビジネスプラン
例えば心地よい部屋・心地よい建物を提供するサービス
2.労働力不足の社会課題に直面する建設業界・ビル管理業界を革新するビジネスプラン
例えば
保守・点検のスマート化
設計・施工のスマート化
3.新領域に挑むビジネスプラン
今の高砂熱学の事業範囲にこだわる必要はありません。世界を変えるような新しいサービスをともに作りましょう。