経済産業省主催「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」エントリー(ベンチャー企業・サポート企業の募集)


カテゴリー:イベント
2018/08/08

スケジュール

募集期限 : 2018年9月28日(金)正午


「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」は、世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本において、医療や介護、それらの予防等のヘルスケア分野における課題の解決に挑戦している優れた団体、企業等の表彰を通して社会に周知すること、及び、ビジネスマッチングを促進することで、それらの団体、企業等の自立的な成長を促すことを目的としています。
 本コンテストは、2015年度より開催しており、今回で第4回目の開催となります。

 本年度より新たに2つの取組を行います。

① 『アイデアコンテスト』を実施します。主に、ヘルスケアビジネスへの参入の裾野を広げ、課題解決型ビジネスの担い手として期待される専門職やその候補(学生)等への新規参入の機会を提供し、将来的にヘルスケア業界で活躍するプレイヤーを増やすこと、及び、医療・介護の現場等で生まれたアイデアを発掘することを目的とします。
② ビジネスコンテストの表彰では、グランプリ・優秀賞の他に『セカンドキャリア賞』を新設します。セカンドキャリア等において社会との繋がりを持ち続けて、生涯現役の働き方を続ける方を募集します。
◆応募概要
1. 募集内容
 誰もが人生を最期まで幸せに生ききることができる「生涯現役社会」の実現を目指すにあたり、健康寿命の延伸に寄与するヘルスケアソリューションを提供する事業を募集します。具体的には、生活習慣に関連する疾患(糖尿病等)や加齢に伴う疾患(認知症等)などの検査や予防、管理等に貢献するサービス等、以下に示すテーマに関する事業・アイデアを募集します。

【例】

① 超高齢社会への対応に関する事業
② 健康経営の取組に資する事業
③ 質の高いデータを活用した事業
2. 応募方法
 所定のエントリーシートをダウンロードして、応募期間中に応募要領に記載のE-mailアドレスまでファイルを添付してお送りください。

3. 募集期限
2018年9月28日(金)正午

4. 応募要領・エントリーシート

【ビジネスコンテスト部門】

応募資格要件:ヘルスケア分野における社会課題の解決につながる製品・サービスのプロトタイプあるいは上市済みの製品・サービスを有していること。また、それをビジネスとして社会実装し、実現する計画を有すること

【アイデアコンテスト部門】(新設)

応募資格要件:ヘルスケア分野における社会課題の解決につながるアイデアを有していること。また、それを社会実装し、実現する計画を有すること。ただし、現時点で製品・サービスのプロトタイプを有する必要はございません