スタートアップ企業との事業共創プログラム 第4期「東急アクセラレートプログラム」を実施します!


カテゴリー:インキュベーションプログラム
2018/05/08

スケジュール

応募受付: 2018年5月7日(月)〜


東京急行電鉄株式会社は、5月7日(木)から、スタートアップ企業との事業共創プログラム、第4期「東急アクセラレートプログラム」(以下、本プログラム)を実施します。
 本プログラムは、東急グループが持つ交通、不動産、生活サービスなどに関連する既存ビジネスに対して、外部のテクノロジーやサービスを活用し、新たな付加価値の提供を目指すオープンイノベーションプログラムです。審査を通過した企業に対して、東急グループのさまざまな資産や顧客接点などを活用して、サービスの用途開発と社会実装支援を行います。サービスのプロトタイプが完成しているスタートアップ企業を対象に、事業共創を通じて生活利便性を高める新サービスの創出と、渋谷をグローバルイノベーション拠点にすることを目的に、2015年度から実施しています。これまで3年間で延べ350件の募集があり、21件のテストマーケティングのほか5件の業務提携および出資を実行しています。

 これまで起業後おおよそ5年のアーリーステージの国内スタートアップ企業を対象にコンテスト形式をとっていましたが、今期は以下の通り変更し、より幅広く機動的にオープンイノベーションを推進します。





Comment_u