「CSAJスタートアップ支援事業」スタートアップ企業の2017年度第1次エントリー受付を開始


カテゴリー:インキュベーションプログラム
2017/04/04

スケジュール

一次募集: 2017年4月1日~2017年7月31日
二次募集: 2017年10月1日~2018年1月31日


一般社団法人コンピュータソフトウェア協会は、4月1日、「CSAJスタートアップ支援事業」において、スタートアップ企業に対する2017年度第1次エントリー受付を開始いたしました。
「CSAJスタートアップ支援事業」は、国内ソフトウェア業界において成功した起業家・創業者が所属するCSAJの強みを活かし、シリコンバレーのような「起業家が起業家を育てる」好循環を日本に創り出すとともに、世界を変える革新的なソフトウェアを生み出すことを目的に、2015年6月に開始した事業です。

本事業では、エントリーされたスタートアップ企業について投資委員会にて厳正な審査の上、支援先企業を選定します。こうして選定されたスタートアップ企業は、起業経験を持つ現役経営者等による経営指導、メンタリング、教育・訓練等の支援を受けた後、ベンチャーキャピタル等を招待する最終発表会「Demo Day」にて自社の製品・サービスをアピールすることができます。

2015年のスタートから2016年度2次募集までに全体で41社の応募があり、投資委員会において今後の成長が見込まれる16社を選定、各種の支援プログラムを提供しております。また、2016年12月には2回目となる「CSAJ Startup Demo Day」を開催、100社近いベンチャーキャピタルや一般企業に対して、ビジネスモデルを中心としたプレゼンテーションを実施、懇親会では名刺交換や詳細説明を求められる等今後の可能性が拡がりました。
CSAJスタートアップ支援事業では、引き続き以下のスケジュールでエントリーを受付け、次代を担うスタートアップ企業を選定・支援してまいります。





Comment_u