企業情報
JVR Industry
医療・ヘルスケア ICT
代表者名
設立
2014/09
調達金額
61,500千円
事業内容

・医療プラットフォーム事業(メディラインの企画・開発・運用) ・医療ICT開発事業(医療系システムの受託開発/AI・IoT研究開発) ・医療企画事業(医療セミ…


シェアメディカル、夜間往診クリニックFastDoctorと戦略的提携 ICTを活用したスマート往診システムの開発を発表


プレスリリース
カテゴリー【業務提携】
2017/05/11 07:00


シェアメディカル、夜間往診クリニックFastDoctorと戦略的提携
ICTを活用したスマート往診システムの開発を発表
- アプリで往診依頼から決裁までを完結。医療版UBERを目指す -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 医療用チャットサービスを提供している、株式会社シェアメディカル(代表取締役:峯 啓真)は、夜間往診サービスを手がける株式会社FastDoctor(代表取締役兼医師:菊池 亮)と戦略的提携を発表した。
 シェアメディカルは同社のメディライン医療用高強度暗号プラットフォーム上で患者向けのスマートフォンアプリを開発し提供。FastDoctorは往診依頼に対して患者の元に出向き診察を行う。当面は東京23区、千葉県の一部からスタートし順次エリアを拡大していく。

【提携内容と今後の予定】━━━━━━━━━━━
 FastDoctorは東京23区と千葉県の一部のエリアを対象としており、今後も往診範囲を拡大していく。シェアメディカルは8月にも患者向けアプリをリリース予定とし、往診時以外にもチャットによる医療相談など、オプションサービスも順次開始していく。同時にエリア拡大のため参画する医療機関の開拓を共同で行う。
 また、企業健保組合と連携し健診後、要治療と判断された社員に対して確実に治療介入ができるモデルを提案していく。生活習慣病患者の受診アドヒアランスの改善、そして医療費の抑制を狙う。その他、マンションデベロッパー等に対しても入居者向け付帯サービスとしてスマート往診システムの採用を働きかける他、高齢者の見守りサービスを展開する企業などとも協業し、異常時に医師が駆けつけるサービスの共同開発などを行うとしている。

【スマート往診とは?】━━━━━━━━━━━
 シェアメディカルが開発中のサービス。予めアプリに保険証やクレジットカードの情報を登録しておき、往診が必要な時にアプリから医師を呼ぶ事ができる。医師はドライバーの運転する自動車で向かうので、向かっている最中も医師とチャットで応対が可能。患者は到着予定時刻などを確認できるので安心して自宅で待つことが出来る。診療後は保険診療の自己負担分と交通費がクレジットカードから決済されるため患者はキャッシュレスで治療を受けられる。
 また医療機関も未収金や釣り銭の心配を行わなくても良いので治療に専念できる。シェアメディカルは発生した医療費に対して一定割合をチャージし医療機関に請求するビジネスモデルで2020年には東京都内における夜間往診のシェア30%を目指す。

【メディラインとは?】━━━━━━━━━━━
 メディラインは機微な医療情報を医療者がオンラインで安全にやりとりするためのメディカルメッセージングサービス。医療者用の”連絡帳”として、医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャーなど医療・介護に携わる多職種間で患者さん情報を共有し、患者中心医療を実現し地域包括ケアを現場側から支援するサービス。
 他の医療サービスとの連携が容易な設計になっており、金融機関グレードの高度な暗号通信を実装しているためコミュニケーションプラットフォームとしても活用も可能となっている。

【株式会社シェアメディカル】━━━━━━━━━━━
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3F
代表者:代表取締役 峯 啓真
設立:2014年9月1日
資本金:3620万円
Tel:03-4243-7206
URL:http://www.sharemedical.jp/
事業内容:
・医療プラットフォーム事業(メディラインの企画・開発・運用)
・医療ICT開発事業(医療系システムの受託開発/AI・IoT研究開発)
・医療企画事業(医療セミナー運営/医事コンサルティング)

【株式会社Fast DOCTOR】━━━━━━━━━━━
所在地:〒160-0003 東京都新宿区本塩町21-14 カーサ四谷504号
代表者:代表取締役 菊池 亮
設立:2016年7月
担当者:小石 祐司
Tel:03-4405-6613
URL:http://fastdoctor.jp/
事業内容:
・救急車の抑制事業
・生活習慣病関連の医療費の抑制事業
・訪日外国人に対する往診事業(10ヶ国語に対応)

自宅に居ながら診察・検査・処方までを享受できる「在宅完結型」の新しい医療の形を提案します。医師(常勤、非常勤含め)20名以上・ドライバー8名・オペレーター5名・事務スタッフ4名で運営。

【本件に関するお問い合わせ先】━━━━━━━━━━━
企業名:株式会社シェアメディカル
担当者:五百川 智美
TEL:03-4243-7206
Email:press@sharemedical.jp
プレスキット:https://drive.google.com/file/d/0B4icztIMb_ftTTgzOWp1QzlDRGs/view?usp=sharing
※画像などがセットになっております。プレスキットご利用の際は掲載媒体をお知らせ下さい。


UBER, コミュニケーション, 看護師, メディライン, 医師, 医療

Comment_u