企業情報
JVR Industry
ビジネスサービス
代表者名
設立
2015/04
調達金額
14,790千円
事業内容

『紙をなくす会社』として、請求書等の電子文書をリアルタイムに双方向で送受信できるビジネス文書電子取引システム『Bank Invoice』の提供 【Bank …


請求書の原本(税務書類)を電子化して一元管理できるサービス「Bank Invoice」を5月15日より提供開始


プレスリリース
カテゴリー【製品・サービス】
2015/05/14 13:30


ITを活用したBPO事業を手がけているアマデラス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:手島 太郎)は、請求書の原本そのものを電子化して、取引先とのやりとりやデータ入力、支払時や入金時の経理処理、取引先管理などがペーパーレスで一元管理できる新サービス「Bank Invoice」を5月15日より開始します。

▼URL  https://www.amadellas.com/

■膨大な量の請求データや取引先もペーパーレスで一元管理
「Bank Invoice」は、請求書の原本(税務書類)そのものを電子化して取引先との取引に伴うデータ入力や支払い処理、支払先管理をペーパーレスで一元管理できるサービスです。これまでの紙やPDFファイルなどによるやりとりではなく、請求書の原本そのものを電子化して送る側と受け取る側双方が「1つの請求データを原本として共有」しますので、膨大なデータ量も取引先数も一元管理できます。

1. すべての請求データをスピーディーに一元管理できる
送る側と受け取る側の双方が「1つの請求データを原本として共有」しますので、スピーディーで漏れのない経費管理が実現します。処理する請求データや取引先がどんなに多くても1つの画面で送受信が可能なので、すべてのデータをCSVフォーマット化して経理/財務データとして活用することができます。修正や訂正もリアルタイムに処理できるので、煩雑な作業が必要なくペーパーレスで一元管理が可能になります。

2. 電子署名やタイムスタンプが不要、ペーパーレスでの長期保存が可能
請求書の原本(税務書類)そのものが電子化されていますので、受け取った側はプリントアウトするだけで、これまでの請求書と同じ「請求書の原本」を入手することができます。電子帳簿保存法に沿った長期保存が可能なので、電子署名やタイムスタンプが必要なく、税務調査のために紙の請求書をPDF化するなどの手間がなくなります。

3. 取引先とリアルタイムにやり取りでき、照合作業がスピーディーに
「社外連絡」機能で、請求データごとに取引先担当者とリアルタイムでのやりとりが可能になりますので、入金のたびに請求データと入金とを照合する手間が省けます。

■企業の抱える課題をITで解決するアマデラス、マイナンバー制度にも対応へ
新サービス「Bank Invoice」は、多くの企業が抱えている次のような課題を解決することを目的に、開発されました。
・膨大な拠点、取引先から受け取る請求書のデータ入力、支払処理、支払先管理に大きな手間と労力がかかっている
・税務調査、法定監査のための証憑管理と保存に手間と労力をかけたのに管理がうまくいっていない
・従来のEDIでは業務の効率化やペーパーレス化に限界がある

アマデラスでは、海外ビジネス増加に伴う訴訟リスク対策としての税務書類の管理、保存体制整備の重要性が中堅・中小企業にも求められる中、今後2016年の法人版マイナンバー制度の開始、2017年の複数税率導入を見据えた事業を展開する予定です。

【アマデラス株式会社について】
本社所在地:東京都中央区京橋1-14-10 高木ビル5階
代表者:代表取締役社長 手島 太郎
設立:2015年4月
事業内容:ITを活用したBPO事業
URL:https://www.amadellas.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:アマデラス株式会社
担当者名:本社広報部 萩野(ハギノ)
TEL:0362287527
Email:publicdep@amadellas.com



Comment_u