企業情報
JVR Industry
ビジネスサービス
代表者名
設立
2014/01
調達金額
9,990千円
事業内容

多種多様な専門家を独自にプールし、世の中の多くの会社の「経営課題」に対して解決支援するサービスを提供。 経験や知識の有機的・機能的な循環を実現し、 世界中に存…

この企業のプレスリリース

2016年3月5日(土) 平成27年度内閣府委託事業「プロフェッショナル人材向けセミナー」講演


プレスリリース
カテゴリー【イベント・セミナー】
2016/03/02 11:00


〜オープンイノベーション×「地方創生」〜

株式会社サーキュレーション(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役:久保田雅俊)は、2016年3月5日(土)に開催される、平成27年度内閣府委託事業である「プロフェッショナル人材向けセミナー」にて講演します。
2014年設立以来「世界中の経験と知見が循環する社会の創造」の理念のもと、企業と個人をつなぐことで革新的で新しい価値を創り出すオープンイノベーションを体現、2016年2月時点で、約10,000名の人材登録、コンサルティング実績は350社/600プロジェクトを超えています。

◆地方創生とオープンイノベーションとの密接な関係◆
安倍政権の推進する「地方創生」では、「首都圏のプロフェッショナル人材が、地方の企業に転職する」世界を実現することを目指しています。サーキュレーションは、首都圏を中心に経営・企画・営業・人事・広報などの多様なテーマのビジネススキルを保有する独立プロフェッショナル人材約10,000名を抱えている「オープンイノベーション専門会社」であり、多くの企業の経営課題に対し、経験・知見が合致するプロ人材のアサイン、プロジェクトチーム組成、課題解決支援を一気通貫で行っています。
「転職」を前提とせずに、プロ人材による「多様な形での働き方」を通して、地方企業の活性化に貢献していきます。

◆セミナーテーマ◆
・外部の経営資源を利用することで新たなビジネスモデルや革新的なソリューションを生み出す「オープンイノベーション」が注目されている
・市場価値の高いプロ人材とは?(社歴ではなく、経験・スキルの蓄積が重要)
・プロ人材が企業に加わると、大いに経営が推進される(社内にない経験・知見を経営に生かす、新しい経営手法)
・「プロ人材としてのキャリアを積む上で地域は関係ない」ながらも、地方企業での経験はキャリアの幅になっていくなど、「地方創生」に絡めながら、プロフェッショナル人材としての活躍全般をお話しする予定です。

後半では、サーキュレーションの登録プロフェショナル人材として、下記2名を交えたパネルディスカッションも実施します。

■NRI(野村総合研究所)元 最年少取締役 有賀 貞一氏
野村電子計算センターに新卒で入社後、NRI(野村総合研究所)最年少取締役へ。CSKに転籍後は、金融システム事業本部長、公共システム営業本部長、SI事業本部長など歴任し、株式会社ミスミグループ本社の代表取締役副社長へと複数社を渡り歩く。現在は、複数社の顧問として、スタートアップのコンサルティング、人材育成に従事。

■デロイト・トーマツ・コンサルティング コンサルタント 竹居 淳一氏
戦略ファームにて、大手金融系リース会社の新規事業立ち上げ、大手通信・ソフトウェア会社の市場調査プロジェクト、大手不動産子会社の役員研修等多数。人材大手のエン・ジャパンに転職し、IR・広報、転職サイト中国進出責任者、経営企画室長を経て、上海現地法人の総経理。現在は、戦略立案・人材ビジネスアドバイザリーとして、多数の企業の支援。

◆開催概要◆
・名称:平成27年度内閣府委託事業「プロフェッショナル人材向けセミナー」
・日時:3月5日(土)10:00(開始10:30)-12:30
・場所:TKPガーデンシティPREMIUM神保町
    〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクエア3F
・参加者:転職等を検討している都市圏のプロ人材50-60名程 他

◆セミナーアジェンダ◆
10:00- 開場
10:30-10:45 開会の挨拶 「プロフェッショナル人材事業について」
みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部 年金・福祉チーム 福祉・労働課
チーフコンサルタント 田中文隆氏
10:45-11:25 講演
10:45-11:05 「ハンズマンが求めるプロフェッショナル人材への期待と役割」(仮)
株式会社ハンズマン 人事部次長 大鶴純二氏
11:05-11:25 「時間・場所にとらわれずに働くプロフェッショナル人材とは」
株式会社サーキュレーション 代表取締役社長 久保田雅俊
11:25-12:30 パネルディスカッション
モデレーター:久保田雅俊
パネリスト:田中文隆氏、有賀貞一氏、竹居淳一氏
12:30 閉場

◆株式会社サーキュレーションについて◆
2014年設立以来「世界中の経験と知見が循環する社会の創造」の理念のもと、企業と個人をつなぐことで革新的で新しい価値を創り出すオープンイノベーションを体現しています。サーキュレーションが展開する、優秀なビジネススキルを有したNOMAD WORK DESIGN(ノマド ワーク デザイン)や、経験豊富な顧問に特化したKOMON WORK DESIGN(コモン ワーク デザイン)では、コンサルタントチームが企業の抱える経営課題に対して適切な人材をマッチングさせています。また、最先端のテクノロジーを駆使したマッチングシステムの開発や、オンラインでのコンサルティングサービスを手掛けています。2016年1月時点で、約10,000名の人材登録、コンサルティング実績は350社/600プロジェクトを超えています。

◆事業内容◆
KOMON WORK DESIGN(コモン ワーク デザイン)
大企業元OBによる経験・知見の提供(月1日~のアドバイザリー)
http://www.circu.co.jp/kojin/komon.html

NOMAD WORK DESIGN(ノマド ワーク デザイン)
ビジネスノマド(第一線で活躍する現役プロ人材)による先端事例・実行力の提供(週1日~の実働支援)
http://www.circu.co.jp/kojin/nomad.html

X-book (エックス・ブック:エキスパート ブッキング サービス)
業界知見者・新規事業開発プロによる業界分析の提供(1回2時間のSkype/Tel MTG)
https://x-book.biz/

Flexy(フレキシィ)
ビジネスとテクノロジーを繋ぐIT人材による、システム企画~コーディング支援(オンサイト/サテライト支援)
http://flxy.jp/

◆対象としている層◆
サーキュレーションは「人生3社転職の時代」から、「1人が同時に3社で働く世界」の実現のため、幅広い層に新しい働き方を実践しているビジネスノマドのキャリアや働き方を知ってもらうことで、より自由な働き方、より多様なキャリア設計へと、考え方を変えていくことを目指しています。

キャリア設計を考えている若手ビジネスパーソン:キャリアを設計していくにあたって、専門性の継続的な獲得や、独立するようなキャリアを視野にいれた中での仕事への向かい方や考え方、将来的にビジネスノマドに転換していく、組織に依存しない働き方を実践していくための情報を提供いたします。

外部人材活用を考えている経営者、企業の新規事業担当者:内部の人材に欠けている専門性を補いたい、効率よく外部人材のスキル・知見を活用したいと考えている経営者や事業会社の新規事業担当者が、独立プロフェッショナルのスキル・専門性やそれらがどのように活かされているかを知ることができる。どのような活用の仕方があるのかを知ることで、より活用の幅を広げられる情報を提供いたします。

独立プロフェッショナル:専門性や志向性に応じて働き方は多様です。それぞれの多様な働き方を知ることで、ビジネスプロフェッショナル自身の働き方を考える機会としたいと思っています。

◆背景:イノベーションのための外部人材活用の促進◆
これからの社会では、専門性の細分化・多様化とテクノロジーの発達に伴い、個人のイノベーションが与えるインパクトが大きくなりつつあります。専門性を軸に大胆な発想と行動力によってビジネスのイノベーションを果たしていくために、外部の専門家人材を流動的に活用することは非常に重要です。
また、今後少子高齢化、就労人口が減少していく日本においても各個人の生産性の向上や、「90歳までのキャリア構築」のためシニア人材の活用を提供するインフラとして、個人のスキル・知見に応じ、1時間から、週1回からの柔軟な仕事を提供することが時代の要請にも合っています。

◆代表取締役 久保田雅俊 プロフィール
1982年生まれ。2005年株式会社インテリジェンス入社。2010年最年少でゼネラルマネジャー就任。2010年に自ら起案し、経営顧問の紹介事業i-commonカンパニーを設立、3期目までカンパニー社長として事業拡大を牽引。2014年に株式会社サーキュレーションを設立、代表取締役に就任。設立3ヶ月目に単月黒字化達成。設立2年で国内最大規模の10,000名の独立専門家ネットワークを構築。

◆株式会社サーキュレーション
代表者:代表取締役 久保田雅俊
設立:2014年1月6日
所在地:東京都千代田区丸の内 2-2-1
事業内容:ビジネスノマド、シニアエクゼクティブによるオープンイノベーションサービス
http://www.circu.co.jp/

◆広報に関する問い合わせ
株式会社サーキュレーション 広報室(株式会社ベンチャー広報 内)担当:二宮/小嶋
Tel:03-6869-8003 Fax:03-5759-0303 Mail:ninomiya@v-pr.net



Comment_u