A-12854最終更新日2017/01/22 02:42

NapaJen Pharma, Inc.Navi_venturemap

核酸医薬のドラッグデリバリーシステム(以下「DDS」)技術を用いて移植時の免疫抑制剤等の医薬品開発 独立行政法人科学…もっと見る

早速、ベンチャー情報センターユーザへお申込み!
entrepediaのサービスを利用してみましょう


  • 情報を追加して企業をPR

  • プレスリリースを掲載して情報発信

  • ニーズで求人やパートナーを募集

  • サービス紹介のコンテンツをアップロード

事業内容

核酸医薬のドラッグデリバリーシステム(以下「DDS」)技術を用いて移植時の免疫抑制剤等の医薬品開発

独立行政法人科学技術振興機構プロジェクトにおける九州大学・北九州市立大学をはじめとする研究グループの成果である、天然多糖が核酸のDDS担体として有望であるとの研究結果に着目し、子会社であるNapa Jenomics株式会社と共に、天然多糖に核酸を内包させ複合体を形成することで特定の細胞(樹状細胞)に伝送するDDS技術を開発。本技術を用いることにより、天然多糖と複合体を形成した核酸は、体内で安定化し本来の機能を発揮することが期待される。NapaJen PharmaとNapa Jenomicsは、核酸医薬のうちRNA干渉薬と呼ばれる医薬品について、既に複数種の複合体を開発し薬効の確認を進めている。

基本情報
タイプ
未公開企業
VBステージ
代表取締役
安藤 弘法
住所
東京都
設立
2004/12
親会社
従業員数
データ無し
英語名
NapaJen Pharma, Inc.
JVR Industry
バイオテクノロジー
JVR Industry(大分類)
ヘルスケア/バイオ/医療
N/A
起源
大学発
大学発(大学名)
九州大学, 国公立大学(その他)
株主状況
VCあり
JVR調査状況
調査継続
商号履歴

受賞歴

※こちらの情報はサンプルです

entrepediaユーザ登録

表示するニーズがありません
支援元
表示するベンチャー支援がありません
支援プログラム
表示する支援プログラムがありません
表示する情報がありません
ピックアップ
データ提供サービス


Pay成長の推移
Pay調達額の内訳
accessAccess
-
followFollow
Comment
V.F.N.

Comment_u