コラム

ベンチャーキャピタリストへの招待


佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner
ベンチャーキャピタリスト

VCキャピタリスト

2014/02/19 14:00



【ベンチャーキャピタリストって楽しいよ】

孫泰蔵さんからバトンを頂きまして、執筆させていただきます。ANRIというベンチャーキャピタルファンドを運営している佐俣アンリです。

すでに様々な方が素晴らしいコラムを寄稿されているので、僕はマニアックな内容で書きたいと思います。

「ベンチャーキャピタリスト」という仕事はどんなものか?そしてベンチャーキャピタリストになるためには何をすればいいのか。おそらく興味を持っていただける方は少ないかと思いますが、学生時代の自分のような変わり者に少しでも届けばいいなと思って書き進めたいと思います。

 



【ベンチャーキャピタリストという仕事】

ベンチャーキャピタルという仕事は簡単に言うと「企業からお預かりしたお金をスタートアップに投資をし、上場・売却などによってリターンを得る」仕事になります。

よく間違えられるのですが、投資しているのはベンチャーキャピタリスト個人のお金ではないです。ベンチャーキャピタリストは仕事柄お金持ちに見えますが、全然そうでないこともあるので気をつけてくださいね。

 



【どんなスキルが必要なのか】

シリコンバレーでは、ベンチャーキャピタリストはとても尊敬されている仕事で、ほとんどの方が起業家として大成功しているか、もしくはビジネスマンとして輝くようなキャリアを持っています。

起業家をあらゆる面で支援するため、起業経験はもちろん、マネジメントやファイナンス、マーケティングなど幅広いスキルを高い水準で必要とされるのは間違いないでしょう。

ただ、キャピタリストにとって、僕が一番必要だと感じるのは、「起業家という太陽によって輝く月になる」という志だと思っています。

投資家はあくまでも投資家であるため、起業家のように24時間365日その会社について考えられるわけではありません。主役はあくまでも起業家であり、その企業の成長をどのように支援できるか(阻害しないか)が最も重要なことです。

そして、自分に足りないスキルを高い水準で課題として課し、達成していく心の持ち方も非常に大切です。

 



【ベンチャーキャピタリストの喜びとは】

僕が独立を決意したきっかけの一つが起業家に対して責任を持って向き合える人間でありたかった、ということがあります。学生の頃からたくさんの起業家の方に囲まれながら、なぜか僕は起業家を支援するベンチャーキャピタリストに憧れました。

僕自身はベンチャーキャピタリストを「起業家とその成長を愛する仕事」だと思っています。

もちろんお預かりしているお金を運用してお返しする仕事なのですが、僕のファンドに出資いただいている企業や個人の方もまた、そのような志に共感いただいている方ばかりです。

自分が信じた起業家が良いプロダクトをリリースし、強いチームを作り、成長していくのを見届けることができる。僕にとってベンチャーキャピタリストほど素晴らしい仕事はなかなかないと感じます。

 



【こんなタイプの方、一緒にベンチャーキャピタリスト目指しませんか?】

僕の独断と偏見でベンチャーキャピタリストに向いている方はこの様な方です。

・仲間の成長と成功が何よりうれしい

・気がつけばまわりのために働いている

・バンドではベースかドラム、野球ではキャッチャー派

・『ハッカーと画家』やeボーイズを読んで興奮する

 



【さあ、何から始めよう?】

どうでしょうか。ベンチャーキャピタルという仕事に興味を持って頂けたでしょうか。

もし興味を持った方はぜひ気軽に僕へコンタクトをしてください。

なにもない中でベンチャーキャピタルを立ちあげてきたノウハウくらいはご提供できるかもしれません。

https://www.facebook.com/anri.samata

 

●関連リンク ANRI


佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner
ベンチャーキャピタリスト


Comment_u